2010年11月23日

DRACULA

2010112100220000.jpg
20日は劇団Studio Lifeの『DRACULA』を観ました。

もちろん両チーム(*^□^*)

DRACULAはDVDで予習してたので、
ストーリーはわかっていたので、
最初から役者さんの演技をしっかり観ることができました!

私は高根さんチームの方が、好きでした。
及川さんキュートなのに、
終演後の呼び込みでは、
かなり男性声(太い声)でも呼び込まれていて、
爆笑しちゃいました(笑)
posted by イチゴ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団Studio Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

じゃじゃ馬ならし

P1000878.jpg
もう札幌にいるけれど…。

10日(土)に見たのは昼・夜公演共にStudio Life『じゃじゃ馬ならし』

まだまだ公演中だから、言えないけど、
もう歌が頭から離れませんから!
特に最初の曲とダンスはインパクトが凄かった!!(゜ロ゜ノ)ノ

あとは、今回の山本芳樹さんの役、私は新境地かもしれないけど好きです( ̄▽ ̄)b

また見たい。
でも遠征費ないから、DVD発売まで我慢(*≧m≦*)

【後日追記】
 原作の「じゃじゃ馬ならし」は女性がみると嫌悪感を感じやすいと聞いていました。
 でも、今回のStudio Lifeでは感じませんでした。
 男性がやっているからなのか、演出家が女性だからか・・・。
 女性の強さを感じた気がします。
 私も強い1人なんででしょうねぇ〜(笑)

 皆さんが白い衣装を着て、オープニングとエンディングで踊るあの曲。
 もうずっと頭の中を回ってました。
 すごい威力!!(苦笑)

 私は、Wishチームの方が好きでした。
 芳樹さんの演技が独特で面白かったし、松慎の可愛さも抜群!
 
 でも、今回気になったのは冨士君でしょうか!!
 いい味出してましたねぇ〜。
 
 あとは、石飛&林コンビもやっぱりいいですねぇ〜v
 「真夏の夜の夢」の時も、良いなぁ〜と思ってたけど、
 最高のコンビだと、私は思います!!
posted by イチゴ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団Studio Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

THREE MEN IN A BOAT+ワン

P1000832.jpg P1000833.jpg P1000837.jpg
まだ道東旅行の旅行記は終わってないのですが、
昨日、今日と東京観劇旅行に来ているので、
道東旅行を一時中断して。

昨日は最近大好きな劇団「Studio Life」さんの『THREE MEN IN A BOAT+ワン』を見ました。
もちろん2チームとも♪
15時30分(Aleチーム)と18時30分(Lagerチーム)と2本立てで見ました。

観客参加型とは、聞いてはいたけど、こんなにも参加させられるとは!
しかも、Aleチームの公演では指名されるし(苦笑)
いや、役者さんに顔を覚えてもらえるかもしれないから、
ラッキーなのか?
まぁ、アスパラを頑張りました(笑)
(見た人にしかわからないですね(^-^; )

上映時間は、Studio Lifeには珍しく2時間くらいでしたが、
もっとやって欲しかったかも☆
もう、大爆笑で、お腹が痛くなるくらい!

特にAleチームのは大爆笑。
緒方さんのハシャギっぷりがスゴかったし!
実はLagerチームの時に、最初笑い疲れで、眠気が襲ってたし(汗)

Aleチームは、みんなはっちゃけていて、楽しかった!
船戸さんも、篠田さんも、神野さんも。
もちろん緒方さんはピカイチですけどね(笑)
しかも、4人ともLagerチームの時に、
話しかけて下さり、とっても嬉しかったし、楽しかった!
神野さんの犬が愛嬌あって、好きだったなぁ〜。
船戸さんの落ち着いてるけど、抜けてる感じのハリスがいい感じ。
篠田さんのちょっと天然も面白いし。

Lagerチームは、少し落ち着いていたようにも感じてましたが、
Aleチームとは違う味が。
関戸さんの言葉のチョイスは面白いし、
冨士さんの皆で音楽を奏でる時のリズムを忘れないようにする言葉はスゴいし、
腰つきもスゴいし。

ミカシュンの犬もキュート。
来年で三十路になると言われると、怒って噛みついてました(笑)

そうそう、Aleチームの公演の時には、
山 さん、林さん、松本さんが来てました。
松本さんは、大活躍だったし!(笑)
3人が客席に居たので、やっぱり気になって、
何度か3人をチラチラみてしまいました(汗)
舞台を見るのに、
ちょうど3人が目に入りやすい位置だったっていう事もあるんですけどね(苦笑)

もう1回見たいよぉー。
北海道にも来てぇー!

追記:指名された時にもらった飴の写真。
   もったいなくて、なかなか食べれず(汗)
posted by イチゴ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団Studio Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

トーマの心臓・札幌公演

P1000736.jpg
15日から17日まで札幌えんかん
劇団Studio Lifeさんの「トーマの心臓」が公演されていました。

Studio Lifeの代表作と聞いていましたが、私は初めて見させて頂きました。

はじめに予習をと思い、マンガを買って、読む。
あらすじはわかったけれど、ぶっちゃけ私には理解が難しかったです。
特にトーマの心が。

その後、まずは15日にGrauチームの公演を見ました。
舞台になって、少しマンガより短くされているところはあるけれど、
マンガよりわかりやすかったです。

でも、わからないところもあり、
帰宅して、またマンガを読み直す。

そして、17日のBlauチームを見る。
そこでやっと登場人物達の思い(心)を知る、入口に立てたような気持ちになりました。
入口に立って、気付いた思いに号泣。
最後のユリスモールの詩の朗読で、込み上げる物が。

それでも、この作品はまだまだ分からない事沢山。
もう一度見たい!と思わせてくれる作品でした。

あるStudio Lifeの役者さんが、なにかで言っていた気がします。
「『トーマの心臓』はやる度に色々気付かされる。
 何度同じ役をやっても、登場人物の心をまだ全部知る事ができないんです」と。

また、公演を打ってくれる事を切に願います。
そして、札幌に来てくれた事を感謝します。

個々の役者について
posted by イチゴ at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団Studio Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

十二夜

P1000535.jpg
今日から、1泊2日でまた東京観劇旅行に来ています。

で、今日はStudio Lifeさんの「十二夜」を昼βチーム、夜αチームを観てきました!

感想はまだ公演がつづいているので、細かくは書けませんが、
「夏の夜の夢」から好きになった私には、
この作品も大好きになりました♪
私の中では、今年見た演劇の中で、1、2位を争うぐらい大好きになりました!
DVDも発売するそうで、絶対ゲットですね(≧ω≦)b


私のお目当ての役者さんはβチームに固まってたのですが、
それだからか私はβチームの方が好きでした(*^^*)
イメージピッタリって感じで。

でも、αチームも楽しかった!
大爆笑をしたのはαチームでした。
特に鳥たちのインパクトが凄すぎる(゜ロ゜;

あ、及川さんは初めて見たのですが、βチームでのオリヴィエは、素敵で☆
小柄で可愛らしい方なんですね!
これからも要チェックです( ̄ε ̄@)


βチーム開演前に、私が好きな三上さんが雪月花のCDを売っていて、
初回限定版を思わずゲット!
ブックレットがついてくるっていうんで(笑)
ポスターも貰いました!
しっかり三上さんと握手してもらい、話もしました♪

βチームの終演後には、松本さんもでていて、
最近私の中で急上昇な方でして。
前回、ガチガチに緊張してましたが、今回は落ち着いて、ゆっくり話せました。
札幌から来ていたことも、しっかり伝えられたし♪

ニコニコの1日になりました(ノ∇≦*)
posted by イチゴ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団Studio Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

LILIES

P1000423.jpg
4日の東京観劇1本目にStudio Lifeさんの『LILIES(feuチーム)』を見てきました。

Studio Lifeの代表作ともいわれているそうで、今回で3回目の上演だそうです。

感想は、やっぱりStudio Lifeが好きです(笑)
そして、Studio Lifeのための作品だと思いました。
舞台が監獄の中で行う芝居。
芝居で芝居をするって、不思議な雰囲気でした。

最初の方の学校の舞台「聖セバスチャンの殉教」のセリフが理解しずらく、
大変でしたが、あとからうまく効いてくるのが、グッときました。

そして、最後のシモンがビロード司祭に言うセリフも、
「聖セバスチャンの殉教」が効いてきて。
ズキンときましたね。
あの、最後のビロードの顔も良い感じでした。

また、感動が込み上げてくる作品でした。
見終わって、感想を書いているときに、じわじわ涙が…。
もう1回、違う2チームも見たい作品でした(*≧m≦*)

禁断の愛ということを軸に展開されてましたが、
なんだか世間にある大きな偏見の目だったり、
嘘をつく事に関してだったりと、
色々考えさせられました。
「なんで、みな純粋に、素直になってはうまくいかないんだろう、
 それが通らない世の中って切ないけど、現実で・・・」
と、考えさせられました。

あとは、今日はなんとお見送りがありまして。
物販で松本さんと、出口で石飛さんとちょこっと話をさせてもらいました。
北海道から来たことを、しっかりアピールしてきました(笑)

松本さんからグッズを買う時は自分の心臓の音が聞こえそうなくらい大きくなって、
心臓が痛くなるくらい早く打ってました(苦笑)
一番好きなのは、三上さんと曽世さんなんですが、
今回の松本さんの素敵な演技と間近でみた素敵な顔に、
かなりドキドキしました(◎o◎)
松本さんには、握手までしてもらって♪
幸せっていうか、あんなに心臓が痛くなるくらいドキドキしたのは、
すごーく久しぶりでした(笑)

10月の本公演も上京してきちゃうかも!?
posted by イチゴ at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団Studio Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

死の泉

昨日の昼も観劇。
東京3本目で、今回の最後の観劇。
またまた「Studio Life」さんの見ました。
今日は、『死の泉』

三上俊さん、素敵でした(*≧m≦*)
女性にしか見えなかったよぉ〜。
神秘的な女性という感じがすごく出てたし!

ストーリーはすごく重たい感じだったけど、
子どものために、母は強いのかなと思いました。
最後のどんでん返しにもビックリしたし!!

クラウスの言動だとか、考え方はちょっと怖かったなぁ〜。
でも、そう考えている人もいるんだろうし。

〜ストーリー〜
私生児をみごもりナチの施設(レーベンズボルン)の産院に身を置くマルガレーテは、
不老不死を研究し芸術を偏愛する医師クラウスの求婚を承諾した。
しかし、激化する戦火の中、次第に狂気をおびていくクラウスの言動に怯えながら、
やがてこの世の地獄を見ることに…。
posted by イチゴ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団Studio Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

パサジェルカ〜女客船〜

P1000226.jpg P1000254.jpg
まずはこれから「Studio Life」さんの『パサジェルカ〜女客船〜』を見ます。
天王洲アイルにある銀河劇場にきているのですが、
ここはナックス兄さん達が『COMPOSER』をした所。
フーン(゜〜゜)と眺めてます(笑)
開場まで、まったりランチしてます☆

〜ストーリー〜
第二次世界大戦後16年。
外交官の夫と赴任地ブラジルへ渡る豪華客船で、リーザは遥か大陸へと想いをはせていた。
しかし、次の瞬間、彼女の微笑みは激しい動揺に変わるー見覚えのあるひとりの女船客。
それは夫にさえ秘したアウシュヴィッツ収容所の過去を甦らせる、女囚の面影だった。

名はマルタ。
戦中、ナチス親衛隊員で収容所の看守だったリーザは、
どんな狂乱にあっても毅然とふるまう彼女に一目置き、
擁護するのだが…予期せぬ再会の船は心の闇へとすべっていく。
posted by イチゴ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団Studio Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。